Angularの教育について

公式チュートリアルやlacoさんに作成頂いている Angular After Tutorialを自主学習する、、、というのはもちろんやるのですが、その前後でAngularを効率的に学習できるセミナーやハンズオン(オンライン/オフラインともに)はあるでしょうか? たとえば、複数人をチームを加えたときにまずはベースラインを揃える、みたいなケースを想定しております。または、自分のところはこうやっています、みたいな事例もお聞かせ頂けたら嬉しいです!

結局OJTかよ!というツッコミを受けることになるかとは思いますが、社内の詳しい人がいるならば、その方を中心に社内勉強会を開いたりしますね。

逆に言うと、オープンな場でのハンズオンなどはチュートリアルレベルに終始しがちで、それより後になってくると「業務としてAngularをどう使いたいか」は組織によりけりとなり、なかなかオープンな場でのセミナーなどは開催しにくいと思います。

勉強会としてはClassi Angular Nightなどが定期的に開催されている勉強会のため、そちらへの参加や資料の確認が有益かと思います。

3 Likes

基本的に英語ではありますが、公式に認知されている学習リソースリストはこちらにまとまっています。

https://angular.io/resources

中でもおすすめは元AngularコアチームのVictor Savkin氏らが書いたこちらの本です

ほかにもオンラインコースやブログなどいろいろあるので好みのものを見つけるといいと思います。Egghead.io や Pluralsight もおすすめです。

1 Like

最近だとNrwl Connectの動画やコラムも参考になると思いますよ。

Victor Savkin氏が共同設立者ということもあってEssential AngularやAngular Routerといった書籍が無料で読めます:+1:

1 Like

皆さま情報ありがとうございます!それぞれ詳細見てみます!
教えて頂いたサイトなど活用しつつも、必要に応じて組織に応じた情報はまとめておく必要がありそうですね。

そうですね。Angularで何ができるか、どんなAPIがあるか、は調べればわかりますが、自分たちのソフトウェアのことは自分たちしかわからないので、
設計に関しては一般的な原則やパターンは参考になりつつもやっぱり最後は自分たちのための解釈とブラッシュアップが必要ですし、それを文書化して教材とすることに行き着くと思います。

1 Like