Angular v8 => v9 で、起動処理がエラーログを出力する

バージョンをv8 => v9 に移行検証中で本件に遭遇しました。

知りたいこと

  • v8 => v9 の起動シーケンス/アルゴリズムが分かるドキュメント or ブログ or コード
  • index.html 付与される scrpt タグ の挙動が分かるドキュメント or ブログ or コード

質問にする背景

  • プロダクトはngrx を使用しています。
  • js をライブラリを使用しており、v8では、初期処理問題が出ませんでした。
  • v9 にバージョンアップしたら chrome の devtools でログを出力する様になりました。
  • js ライブラリは、angular.json の scripts 部に定義済みです。

ログの出力内容(v8)の場合(正常終了)

①js ライブラリ初期処理
②@ngrx/store/init
③@ngrx/store/update-reducers
④js ライブラリ登録
⑤@ngrx/store-devtools/recomplete
⑥@ngrx/store-devtools/recomplete
⑦js ライブラリdispatch

ログの出力内容(v9)の場合(エラーログ出力)

①js ライブラリ初期処理
⑦js ライブラリdispatch
②@ngrx/store/init
③@ngrx/store/update-reducers
④js ライブラリ登録
⑤@ngrx/store-devtools/recomplete
⑥@ngrx/store-devtools/recomplete

上記のように④が済まないうちに⑦が実行されてしまい、エラーはログを出力していました。
現在は、 js ライブラリの angular.json の scripts 部の定義を無くして、
scriptjs というライブラリを使用して、動的に js ライブラリを読み込むようにして対応しました。

ただ、v8 => v9 の起動シーケンス/アルゴリズムがどう変わったか理解したいため投稿させて頂きました。

追記
2つ目の知りたいことのきっかけは、v9 だとindex.html のscript タグの追加のされ方の順番も変わっていたり defer が付くようになったのも気がついたので記載しました。

ご存知のかたいらっしゃいましたら、ご教示の方、よろしくお願い申し上げます。

ng build後のscriptタグの出力のしかたはパフォーマンス改善のために少しずつ変わっていってるので、deferがついたのもその一環かと思われます。
ちなみに angular.jsonの scripts はオブジェクト形式の設定ができるので、deferで困る場合は lazy: false を設定するとよいかと思います。また、自分でindex.htmlに書いておきたい場合も inject: false に設定できます。

有難うございます。
schema.json の箇所を含めドキュメントを読んでみます。
またわからない事があったら、質問させて下さい。